ホーム家づくりブログお役立ちブログ注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|エコ・アイ工法、樹脂サッシ編
お役立ちブログ

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|エコ・アイ工法、樹脂サッシ編

前回は、エコ・アイ工法によって期待される効果についてご紹介させていただきました。前提として、気密性の高い家づくりが必要であることもご紹介しました。今回は、その要となるの建材の一つ、樹脂サッシについて見てみましょう。
 
窓およびサッシは室内の熱量を左右する重要なパーツです。夏の熱い空気の7割は窓から入ってきており、反対に冬ではせっかく暖房などであたためた室内の空気の4割は窓から逃げてしまっています。あなたの家が暑い・寒いのは窓にも原因があると言えるでしょう。エコ・アイ工法では、樹脂でできたサッシを採用することで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる住宅の実現が可能となります。これは、通常のアルミサッシと比較して2.5倍の価格がする高級品です。では、なぜ樹脂サッシを採用すべきなのでしょうか。それはアルミサッシと比べた時に圧倒的な断熱効果が期待できるからに他ありません。また、樹脂サッシは大変結露しにくいため、カビの発生を抑え、掃除の手間を減らすことができます。
 
いかがでしたでしょうか。単にサッシといっても住宅の断熱効果を考える上で大事なパーツとなっていることがご理解いただけたでしょうか。次回は、樹脂サッシと併用となるLow-Eガラスをご紹介します。
 
 
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1019

ページ上部へ