ホーム家づくりブログスタッフブログ楽我来(らくがき)
スタッフブログ

楽我来(らくがき)

昨日の会議で配布された天牛新一郎作
『ぼけたらあかん 長生きしなはれ』から

 1.年をとったら でしゃばらず
    憎まれ口に 泣きごとに
   人のかげ口 グチいわず
    他人のことは 誉めなはれ
   聞かれりゃ 教えてあげてでも
    知ってることでも 知らんふり
   いつでも アホでいるこっちゃ


 2. 勝ったらあかん 負けなはれ
    いづれ お世話になる身なら
   若いもんには 花もたせ
    一歩さがって ゆずるのが
   円満にいく コツですわ
    いつでも感謝を忘れずに
   どんな時でも へエおおきに

 3. お金の欲を 捨てなはれ
    なんぼ ゼニカネあってでも
   死んだら 持って行けまへん
    あの人は ええ人やった
   そないに 人からいわれるよう
    生きているうち バラまいて
   山ほど 徳を積みなはれ

 4. そやけど それは表向き
    ほんまは ゼニを離さずに
   死ぬまで しっかり持ってなはれ
    人にケチやと 言われても
   お金があるから 大事にし
    みんなベンチャラいうてくれる
   内証やけれど ほんまだっせ

 5. 昔のことは みな忘れ
    自慢話しは しなはんな
   わしらの時代は もう過ぎた
    なんぼ頑張り 力んでも
   体が いうことききまへん
     あんたはえらい わしゃあかん
   そんな気持で おりなはれ

 6. わが子に 孫に 世間さま
    どなたかれでも 慕われる
   ええ年寄りに なりなはれ
    ボケたらあかん そのために
   頭の洗濯 いきがいに
    何か一つの 趣味持って
   せいぜい 長生きいなはれや

高齢化社会になり どんどん平均寿命も延びています。
私の住んでいる町も 老人の介護施設が建てられたいます。
ボケたらあかん 私自身も趣味持って頭の洗濯を
してゆきたいと思っております。 

天牛新一郎 (てんぎゅうしんいちろう)
1892-1991 明治-昭和時代の古書店主。
明治25年11月25日生まれ。40年大阪で露店の古本商となり,大正4年くもじや天牛書店を開店。戦後,道頓堀で再興。大阪府古書籍協同組合理事をつとめた。平成3年6月2日死去。98歳。和歌山県出身。著作に「われらが古本大学」。

コメントする

ページ上部へ